ハイスぺを選ばなかったAさん

「結婚相談所に入会しようか考えている」という連絡をいただき、

Aさんと面談をしました。Aさんは、30代前半、小柄でおっとりした可愛らしい女性です。

短大を出てから、何人かとお付き合いをする中で、結婚を考えたこともあったが、

まだ若かったのでそこまで焦りはなく、最後に別れたのがちょうど30歳直前でした。

このままだと結婚できないかもと思い、婚活を始めたが、アプリや婚活パーティーに

行ったりしてみても、なかなか好きになれる人に巡り会えずにいました。

そんな時、ある大手結婚相談所に入会し、ハイスペックのBさんと知り合いました。

<Bさんスペック>

30代後半、身長170㎝、普通体型、大学院卒、初婚

年収約1,200万、外資系メーカー勤務

条件としては申し分なかったが、Bさんは婚活市場で自分の立ち位置が

わかっているためか、どこか上から目線だったようです。

稼いでいる分、食事はほぼ外食、家にもハウスキーパーを時々呼んでいました。

BさんはAさんには優しかったが、一緒に食事に出かけても店員さんに対して

偉そうな態度で、Aさんはそこが気になりました。

Bさんと付き合うかどうか悩んでいる時に、仕事で知り合ったC君に食事に誘われました。

<C君スペック>

30代半ば、身長175㎝、普通体型、高卒、初婚

年収450万、団体職員

C君は、とても気配りができて、店員さんにも親切でした。

ただ、年収もあまり高い方ではなかったのと、高卒だったのでAさんは

「結婚相手としてはちょっとな」と考えてしまっていました。

そして、私のところに相談に訪れました。

条件だけ聞けば、Bさんを選ぶでしょう。

ただ、結婚は生活です。

お金にこそ苦労しないかもしれないが、

結婚後、家事や育児を一人で行うことに抵抗がないなら

いいが、Aさんもパートでもいいから今の仕事を続けたいと

希望していたため、であれば少しでも家事育児に

協力的な人の方がいいのではないか?

この先、Bさんがずっと今の年収を稼げる保障は

どこにもありません。

C君は、年収は平均的でも、家事は一通りできて

料理も得意でした。何より、Aさんと仕事関係で知り合っている

ため、Aさんの仕事を理解して応援してくれていました。

私はAさんにこう話をしました。

「生活を考えれば収入を気にするのはわかりますが、

Aさんがどんな結婚生活を送りたいか。

ということが大切だと思います。

どんなに好きで結婚しても、人間のドキドキや

恋愛感情は落ち着いてくるから、その時に

家族として相手とどんな風に支えあって

暮らしていけるか。そこはすごく大切なところだと

思いませんか?人間的に相手を信頼し尊敬できる

ところがあるか。ここがちゃんとしていれば

多少辛いこと、大変なことがあっても乗り越えていけると

思いますよ。だから、条件はとりあえず置いておいて、

もう一度お二人とキチンと向き合ってみてはどうですか」

Aさんは、これでお二人とご縁が無ければ

私の相談所に入りたいと仰ってくれましたが。。。

ハイスぺを選ばなかったAさん 続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA